PR

産経WEST 産経WEST

【インターン新聞より】もっと芝生を! 大阪府サッカー協会から未来へロングパス 裾野拡大へ環境整備

Messenger

 また、スタジアムの名前にもある桜を施設内に植え、市民に愛される施設を目指しているという。

 スタジアムは他の国から選手を招いて親善試合を行うことができる。杉本さんは「若い年代での国際交流は選手たちとにとって刺激になり、将来の糧となる」と期待を込める。

 大阪サッカー協会が取り組んでいる環境整備からは、単に試合を行うスタジアムとしての働きだけではなく、無限の可能性が広がるといえる。(寺澤泉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ