PR

産経WEST 産経WEST

下着盗撮、男性に無罪…自白信用性否定 福岡地裁

Messenger

 携帯電話を女性のワンピースの中に入れ、下着を撮影しようとしたとして、福岡県迷惑行為防止条例違反の罪に問われた無職の男性被告(44)の判決で、福岡地裁は7日、取調官による誘導の可能性を指摘し「盗撮したとする自白は信用できない」として無罪を言い渡した。求刑は罰金40万円だった。

 判決理由で松村一成裁判官は、撮影された動画は手ぶれが激しく、対象がはっきり映っていないと指摘。「確実に下着が映るように、携帯電話をスカート内に約5秒間差し入れた」とする男性の自白内容と、動画が整合しないと述べた。

 その上で、被告が任意の取り調べを繰り返し受けていたことから「罪悪感などから取調官の誘導に乗る形で、自白ができあがったとしても不自然とは言えない」とし、自白の信用性を否定した。

 男性は昨年4月21日、福岡市早良区の商業施設で、女性のワンピースの中に背後から携帯電話のカメラを差し入れたとして起訴された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ