PR

産経WEST 産経WEST

【名伯楽の挑戦(5)】岩谷産業陸上競技部を優勝に導く 広瀬永和さんの新たな目標「もう一度、世界と戦えるところまで」

Messenger

 マラソンランナー、野口みずきさんを20年近く指導した広瀬永和(ひさかず)さん(53)のインタビューは最終回。野口さんが引退し、一区切りつけた後、広瀬さんは新たな挑戦を始めた。オファーをもらい「すごく魅力を感じた」という広瀬さんは、2017(平成29)年春、岩谷産業陸上競技部の監督に就任した。創部のときに立ち上げた明確な目標は平成31年全日本実業団対抗女子駅伝予選会突破、33年に本戦8強、35年の優勝。五輪金メダリストを育てた名伯楽は新たな挑戦を始めた。(聞き手 坂井朝彦)

女子マラソン五輪金メダリストの野口みずきさんを育てた広瀬永和さん。創部したばかりの岩谷産業陸上部でも駅伝やマラソンに挑む=大阪市中央区本町の岩谷産業本社
女子マラソン五輪金メダリストの野口みずきさんを育てた広瀬永和さん。創部したばかりの岩谷産業陸上部でも駅伝やマラソンに挑む=大阪市中央区本町の岩谷産業本社

選手集めは初めての経験

 --岩谷産業では選手集めに最初、苦労されました

広瀬 チームづくりをやっていく中で初めての経験だったので楽しさでもあるかなと。力的にトップの選手は来てくれなかったんですが、本当に(打ち込んで)やりたい選手とか。新鮮でした。

 --実業団移籍組の今田麻里絵、高野智声(ちな)両選手を除いて高校出の選手ですね

広瀬 高野は(入りたいと)会社に電話してきて、変わった子だなと(笑い)。今田ももう一度、陸上競技をやりたいということでした。

 --いろんなタイプの選手をどう指導されていますか

広瀬 (指導法を)悩んだというより、すごく考えましたね。野口のレベルから、いきなり高校生レベルのところから始めないといけない。最初は戸惑った部分もあったんですけど、教えていくとか、(方針を)説明していくとか、一から全部やるわけですよ。ちょっとずつ選手がそれを理解したりとか、記録がちょっとずつ伸びていくというのは、レベルは違うんですけど、おもしろい。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ