PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】桜並木に被害 京都の淀川河川公園

Messenger

 国土交通省近畿地方整備局は6日、約1・4キロの桜並木で知られる京都府八幡市の淀川河川公園背割堤地区で、台風21号により241本のうち9割を超える234本に枝が折れるなどの被害があったと発表した。少なくとも27本は根こそぎ倒れるなどして撤去が必要とみられ、一部エリアを当面閉園する予定。

 同局淀川河川事務所によると、5日午前、台風の影響を調べるため巡回した職員が被害に気付いた。公園には例年、40万人以上が花見に訪れるという。再び開園するには1カ月以上かかる見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ