PR

産経WEST 産経WEST

【野球U18アジア選手権】韓国に敗れ崖っぷち日本 鍵は大阪桐蔭エース・柿木

Messenger

 1次リーグで韓国に敗れた日本は2連覇へ崖っぷちの状況となった。7日の2次リーグ初戦はB組1位通過の台湾。好投手擁する強豪との試合で鍵を握るのが柿木(大阪桐蔭)だ。永田監督から今後のフル回転を伝えられ「強い相手に自分がどれだけ投げられるか」と気合をみなぎらせる。

【U18アジア野球選手権大会 高校日本代表対韓国代表】8回、投球する柿木蓮=KIRISIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
【U18アジア野球選手権大会 高校日本代表対韓国代表】8回、投球する柿木蓮=KIRISIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)

 今夏の甲子園大会で準決勝、決勝を連続完投。エースとして春夏連覇の立役者となった。今大会は1イニングの登板にとどまり「もっと投げたい気持ちがある」とうずうずしている。

 台湾には昨年、大阪選抜のメンバーとして遠征。現地のチームと対戦し「エンドランを多く使う攻撃的な野球で点を取られた。でも一回やっているのでイメージはある」と自信を示す。台湾の本格派、李晨薫と投げ合う可能性もあり「年下だけど、リーチもあってすごい投手。球速もまた上がったと聞いている」と心待ちにする。

 世間の注目を集める吉田(秋田・金足農)とは同部屋で「ブルペンでも見てしまうし、積極的に話を聞いている」と一目置く。ただ、柿木にも甲子園優勝投手のプライドがある。「そこは絶対捨てたくない。強い気持ちを持ってやりたい」。残り3試合で本領発揮し、救世主となれるか。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ