産経WEST

【台風21号】停電と関空閉鎖、関西経済に「二重苦」 調達網に乱れ、操業停止も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風21号】
停電と関空閉鎖、関西経済に「二重苦」 調達網に乱れ、操業停止も

停電したままの関西国際空港第一ターミナル=5日午後、関西国際空港(永田直也撮影) 停電したままの関西国際空港第一ターミナル=5日午後、関西国際空港(永田直也撮影)

 強風と高潮で猛威を振るった台風21号は、関西を中心に各地で停電を引き起こし、関西国際空港を機能不全に陥らせた。5日は、電気が使えず、工場の操業を一時停止したり、店舗を閉店したりするスーパーや金融機関が相次いだ。関空からの海外輸出はストップ。外国人観光客でにぎわう関西経済への打撃を懸念する声もあがっている。

停電で食品販売できず

 関西電力管内で、台風被害としては平成に入り過去最大規模となった停電の影響で、小林製薬は5日、清涼成分カプセルの「ブレスケア」などを製造する大阪工場(大阪市淀川区)を休業。広報担当者は「復旧の見通しが立たないため」と説明した。

 日本ハムは、桑名プラント(三重県木曽岬町)で4日に停電が発生。5日も停電が続き、ギョーザやシューマイのチルド食品などの製造と出荷ができない状態になった。

 停電によって冷凍・冷蔵庫が使えず、食料品販売が困難になったスーパーも目立った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 停電と関空閉鎖、関西経済に「二重苦」 調達網に乱れ、操業停止も

「産経WEST」のランキング