PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】愛知県庁で屋根板が落下…国の重文、けが人なし

Messenger

 愛知県は5日、台風21号の強風の影響で、国の重要文化財に指定されている愛知県庁本庁舎の屋根の銅板5枚がはがれ落下したと発表した。けが人はいなかった。7月以降、木製板などの落下が相次いで見つかり、文化庁と補修方法を協議していた。

 県によると4日夕ごろ、屋根の銅板5枚が正面玄関付近や中庭に落ちているのを職員や警備員が見つけた。そのほか、はがれてめくれている屋根の部材が4カ所でみつかった。

 県庁の屋根は老朽化が進んでおり、8月25日に大型クレーン車を使い、雨どいで見つかった銅板25枚などを回収。今後も落下する可能性があるため、県は落下防止用のネットを設置する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ