産経WEST

【台風21号】暮らし直撃!「エアコンつかない」「風呂入れない」…家庭ため息、交差点では手信号も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風21号】
暮らし直撃!「エアコンつかない」「風呂入れない」…家庭ため息、交差点では手信号も

停電のため信号機が作動せず、手信号で交通整理をする警察官=5日午後、大阪市堺市堺区(奥清博撮影) 停電のため信号機が作動せず、手信号で交通整理をする警察官=5日午後、大阪市堺市堺区(奥清博撮影)

 台風21号の影響により大規模な停電が発生した大阪市では、市民生活や交通インフラに影響が出た。突如強いられた不便な暮らしに、困惑の声が上がっている。

 自宅が停電した大阪市生野区の鉄工所経営、小谷美佐子さん(55)は「自宅のエアコンがつかず、暑くて帰りたくない。関西電力に電話してもつながらず、いつ復旧するのか分からない」と困った様子。自宅の冷蔵庫の食材が腐らないよう、職場の冷蔵庫に移したという。

 同区のコンビニエンスストア「ファミリーマート小路駅東店」は停電のため5日は臨時休業した。女性店員(21)によると、商品のアイスクリームが全て溶け、弁当やおにぎりも全て廃棄した。

 同市西淀川区の主婦(38)は、自宅がオール電化のため停電中は料理が作れず、風呂にも入れないという。「いつ復旧するのか情報が全然入ってこない。今夜は子供2人を連れて奈良市内の実家に身を寄せる」とため息をついた。

 一方、停電で信号が作動しない交差点では、警察官が手信号で交通整理に当たった。南海難波駅前の難波西口交差点(大阪市中央区)では、4日夕から、復旧した午後5日午後まで、警察官が常時4~5人で交通整理にあたった。大きな混乱はなかったという。

このニュースの写真

  • 暮らし直撃!「エアコンつかない」「風呂入れない」…家庭ため息、交差点では手信号も
  • 暮らし直撃!「エアコンつかない」「風呂入れない」…家庭ため息、交差点では手信号も

「産経WEST」のランキング