PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】関電担当者「対応追いつかない」…折損電柱369本「さらに増える」

Messenger

 --電柱が369本折損したとのことだが

 「停電が起きた地域全体の4割しか被害調査に入れていない。なので、(電柱の被害数も)増える可能性がある」

 --他社からの応援は

 「中国、四国、九州電力から高圧発電機車40台、他社から配電要員240人が来る。今朝(5日朝)出発したので早ければ今日の午後に来る。今後、全国に応援を要請する」

インフラにもろさ

 --電柱の風への耐えられる荷重は。どういう設計だったのか

 「風が強いところは風速40メートル。ビルの間などで風が弱まるところは風速28メートルに設定している。今回の台風では工事現場の足場がひっかかったりして、風とは別の荷重がかかった電柱もある」

 --停電情報を自動的に更新するシステムが、肝心なときに役に立ってない

 「ご迷惑をおかけしている。非常に多くの停電が発生し(入ってくるデータの量が)処理能力をオーバーし、更新するスピードが追いつかなかった。システム再開に向けて作業をしているが、今しばらくかかる。明日の朝に向けて再開したい」

 --各地で、かなりの通信障害があった

 「私どもではよく把握できていない」

過去最大の台風

 --台風による停電件数としては過去最大か

 「平成以降しか記録がないが、その中では過去最大。それ以前はさかのぼろうとしたが、分からなかった。3年の19号は大きな台風だった」

 --阪神淡路大震災での停電件数は

 「延べ260万件あった。自然災害による停電としては、今回は阪神についで最大規模だ」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ