PR

産経WEST 産経WEST

【虎のソナタ】台風で思い出した西本幸雄・父の教え いかなるときも誠実に尽くせ…

台風21号の影響で大波が阪神のキャンプ地・高知県安芸市の漁港の防波堤を乗り越え、押し寄せた
Messenger

 走行中のトラックでも倒れるという風速60メートルの超大型台風が来ますといわれ、思わず石原裕次郎の歌を思いだしたけれども、そんなのんびりしたことを言ってる場合じゃないのだ。阪神のキャンプ地高知・安芸では高潮が漁港の防潮堤を乗り越え、安芸タイガース球場の室内練習場の排水溝からは水があふれかえった。

 こういうとんでもないときに日本人の資質は見事というべきか、クソマジメというべきか、それ以上にみなさまご同様、真剣に生きているというべきなのか、昼からはあらゆる交通機関が止まるというのに、なんとかして会社へいこうとするのは、驚くほかない。

▼【虎のソナタ】借金ゼロにならんかなあ、○○法律事務所に相談してみたい…

 「行かねばならん。止めてくださるな。妙信殿…行かねばならぬ…」

 実はこの日の当番デスク大澤謙一郎がそうでした。朝早くから身支度をととのえ、白装束とはいわないが、きちんとそれなりの格好で黙って、家を出て行った。高1と中2の息子はきのう夜に休校が決まっているのに。

 「いえ、早とちりしないでください。そんな格好いいものではないのです」。タネを明かせばこの日の朝から我が大阪難波の産経新聞社大阪本社では「生活習慣病検診」というのがございまして、大澤はそれを受けるために早めに出社し、その時間帯、電車は動いていたというわけ。

 つまり血液検査とかバリウムを飲むとか、タテからヨコからナナメからどこか怪しいところはないのかと、怪しいことだらけの大澤を散々調べ上げたのだ。その結果は後日送られてきて「肥満です」なんて、なんの気遣いもなく、判定される。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ