PR

産経WEST 産経WEST

鉄道の駅で航空機の搭乗手続き、派手な大阪ラッピング電車…台湾が観光に力を入れる理由 

Messenger

 日本と台湾間で、多くの観光客を呼び込もうと、友好協定を結んだり共同して事業展開したりする動きが加速している。ただ、昨年1年間の台湾からの訪日客数が450万人を超える半面、日本から台湾へは約190万人にとどまり、台湾の側には不均衡な状態だ。こうした点からも、台湾はリピーター確保に向けた観光地の情報発信を強化。鉄道会社は、駅で飛行機に載せる荷物を預けられる世界でも数少ないサービスも導入するなど、観光客の迎え入れを強化している。(野々山暢)

世界最先端の旅行者向けサービス

 台湾最大の都市・台北市。ここから台湾北西部にある空の玄関口、桃園(とうえん)国際空港(桃園市)へ向かうには鉄道「桃園メトロ」を利用する。海外旅行からの帰国となれば、土産物など大きな荷物を抱えて移動するのがひと苦労。だが、台湾ではそんなストレスを感じない。

桃園メトロ・台北駅の「インタウン・チェックイン」では、駅に空港のように航空会社の窓口や航空券を発行する機械がある
桃園メトロ・台北駅の「インタウン・チェックイン」では、駅に空港のように航空会社の窓口や航空券を発行する機械がある

 なぜなら桃園メトロが航空会社と連携して導入した「インタウン・チェックイン」があるからだ。空港に行く前に、鉄道の駅で事前に飛行機に積み込む荷物を預けられる仕組みで、世界で5カ所ほどしかないサービスだという。

 記者も帰国の際に利用してみた。台北駅に専用の機械があり、パスポートをかざすと予約していた航空券が発行される。隣には空港と同じような航空会社の窓口があり、航空会社のスタッフに荷物を預ける。

 その後は、機内に持ち込むかばんだけ持って空港まで移動。桃園メトロの台北駅から特急で約35分、桃園国際空港に到着した。すでに航空券があるため、航空会社の窓口に寄ることなく出国手続きに進んだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ