産経WEST

【銀幕裏の声】脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕

永井豪とダイナミックプロ「デビルマン」(c)1972-2018 Go Nagai / Dynamic Production.All rights reserved. 永井豪とダイナミックプロ「デビルマン」(c)1972-2018 Go Nagai / Dynamic Production.All rights reserved.

 「デビルマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」などで知られる漫画家、永井豪さんが昨年、画業50年を迎えたことを記念した特別展「永井GO展」が9月8日、大阪市港区の大阪文化館・天保山で開幕する。代表作「デビルマン」のテレビアニメ版の脚本を手掛けたのが脚本家、辻真先さんで、後に「キューティーハニー」でもコンビを組んだ。86歳の今もアニメ「名探偵コナン」の脚本を手掛けるなど第一線で活躍する辻さんが、創作秘話を語った。   (戸津井康之)

■漫画とアニメを同時進行

 「デビルマン」(昭和47~48年)は制作当時、週刊の漫画連載と週1回のテレビアニメの放送を同時に進めていくという珍しい制作スタイルがとられた。

 アニメ版の脚本家に指名されたのは、手塚治虫さん原作「鉄腕アトム」のアニメ脚本などを担当し、アニメ脚本家の草分け的存在として知られた辻さんだった。

 昭和7年、名古屋市生まれ。名古屋大卒業後、数々のアニメ、特撮ドラマなどの脚本を手掛ける一方、推理作家としても活躍。辻さんとのコンビを永井さんも喜んだという。

 「実は、私は永井作品の大ファンで、彼の漫画はデビュー以来ずっと読んでいた。打ち合わせで初めて会ったが、想像していた通りの才能あふれる漫画家でした」と辻さんは振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕
  • 脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕
  • 脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕
  • 脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕
  • 脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕
  • 脚本家が語る「デビルマン」などの創作秘話 「永井GO展」9月8日開幕

「産経WEST」のランキング