PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】広島が今季初の7連勝でM12「全員で勝った試合」

12回、サヨナラ打を放ち大喜びの広島・菊池=マツダ
Messenger

 マツダスタジアムで行われた4日の阪神戦。広島がサヨナラ勝ちで今季初の7連勝とし、優勝へのマジックナンバーを12に減らした。延長十二回、2死三塁で菊池が安打を放った。8番手のフランスアが2勝目。阪神は2番手藤川がリードを失い、最後はドリスが打たれた。

 土壇場できっちりと白星をもぎ取るのが広島の強さだ。引き分け目前だった延長十二回、2死三塁で菊池が右前に落とす執念のサヨナラ打。ナインの手荒い祝福を受けたヒーローは「覚えてないです。何とかしたい気持ちだけだった」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 阪神に3度もリードを許したが、それでも負けないのは打者の集中力に尽きる。八回には松山が藤川から同点打。松山は四回に一ゴロを悪送球する適時失策を記録しただけに、緒方監督は「(守備で)足を引っ張っていたので、気合が入っていたんでしょう」と苦笑まじりに振り返った。

 東京ドーム、神宮と敵地で6連勝した勢いに乗って、本拠地を舞台に今季初の7連勝をマーク。優勝までの連勝街道を突き進んでおり、「最後までファンは応援してくれていた。全員で勝った試合だ」と胸を張る指揮官。リーグ3連覇へのカウントダウンは刻一刻と近づいている。(丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ