産経WEST

【台風21号】「計画運休」続く鉄道、帰宅困難者や途方に暮れる外国人旅行者も タクシーに長蛇の列 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風21号】
「計画運休」続く鉄道、帰宅困難者や途方に暮れる外国人旅行者も タクシーに長蛇の列 

台風21号の影響による運転見合わせを知らせる看板が設置されたJR大阪駅の改札=4日午後 台風21号の影響による運転見合わせを知らせる看板が設置されたJR大阪駅の改札=4日午後

 台風21号の影響で、大阪メトロを除く近畿の主な鉄道各社は、4日昼ごろまでに順次、全線で運転を見合わせた。安全を最優先させた「計画運休」だったが、街には多くの帰宅困難者や、行き場を失った外国人旅行者らの姿であふれ、混乱が続いた。

 同日午後、阪神梅田駅(大阪市北区)の改札前。兵庫県西宮市の会社員、江原一成さん(49)は運休を知らせる掲示板を見上げ、「単身赴任なので迎えに来てくれる人もいないし、今日は会社に泊まるしかなさそうだ」とため息をついた。

 大阪・梅田周辺の地下街は、ほとんどの飲食店が閉店し、歩く人の姿はまばら。インターンシップで大阪を訪れていた愛媛県松山市の大学3年の女性(20)は、4日夜に予定していた松山行きの高速バスが運休。「明日はアルバイトが入っているので翌朝のバスで帰るつもり」と疲れた様子だった。

 JR西日本は京阪神エリア発着の特急260本以上を運休し、在来線も4日正午までにほぼ全線を運休させた。JR大阪駅のベンチで座り込んでいたスペインの大学生、セリア・マルティネス・シメネスさん(25)は、「京都に宿を取っているけど、バスでの行き方もわからない」。4日に京都を観光する予定だったといい、「鉄道が動き出すのを待つしかない」と途方に暮れていた。

 大阪駅周辺のタクシー乗り場には、長蛇の列ができた。病院からの帰りに列に並んだ大阪市東淀川区の会社員、中井恵美さん(53)は、「安全のためには仕方ないが、私鉄も止まるなんて。見通しが少し甘かった」と話した。

このニュースの写真

  • 「計画運休」続く鉄道、帰宅困難者や途方に暮れる外国人旅行者も タクシーに長蛇の列 

関連トピックス

「産経WEST」のランキング