PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】南海尾崎駅で火災、駅舎全焼 配電盤から出火、台風での停電が影響?

火災が起きた南海電鉄の尾崎駅=大阪府阪南市
Messenger

 4日午後1時10分ごろ、大阪府阪南市尾崎町の南海本線尾崎駅で、駅員が執務室内の券売機や配電盤から火が出ているのを発見。消火器で消し止めたが同1時半ごろ、再び配電盤から激しく出火した。消防が出動し約2時間半後に鎮火したが、駅舎は全焼した。

 南海電鉄によると、同駅は台風21号の接近を受け、午前10時50分ごろに運行を停止。出火当時、駅構内に乗客はおらず、構内には駅員3人がいたが避難し、けがはなかった。

 大阪府警泉南署によると、同駅周辺では出火当時、台風21号の影響によるとみられる停電がたびたび発生していたといい、関連を調べている。

 同駅のそばで美容室を経営する鍛治祐介さん(38)は「駅構内のあちこちで火花が出た後、煙や炎が駅舎から吹き出した。街路樹にも燃え移り、店にまで火がこないかと恐ろしかった」と話した。

 また、同府田尻町吉見の府道で道路沿いの電柱が複数倒れて道路をふさぐなどしたほか、各地で停電が発生。阪南市や田尻町など3市3町を管轄する泉州南広域消防本部によると、同日午後7時の時点で、管内では風で飛ばされた物に当たったり、転倒するなどしてけが人が多数いるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ