PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】「入」の字が「人」の字に変わり、まるで別人に…中日・平田を育てた名伯楽の至言

Messenger

 指導する側と指導される側。教える方は自分の理論に当てはめて選手を導こうとする。自分の選手時代の成功体験を基にサクセスストーリーを押しつけようとする。しかし、土井コーチは選手指導のコツをこう話した。

 「選手は全員、同じじゃない。たとえば打つ時に両足の指で“砂をかめ”と指導しても、本当に理解できている選手と理解できてなくても“分かりました”と言う選手もいるんです。個々の意識や能力、頭の理解度や精神状態を見極めてそれぞれで教えてやらないと伸びてこないんですよ」

 かつて西武のコーチ時代は清原、松井稼、中嶋らを育てた。タイプの違う選手たちを伸ばしたコツは個々の選手の特長を見極め、その選手に応じた言葉を使い、伸びるポイントを見極めたからだ。土井コーチは現役時代、2452安打を記録しているが、自分の成功体験を一方通行で押しつけることはしない。

 若手を育成しようとしても計画通りにいかないチームが多い。中日も京田や高橋らは計画通りではないだろう。選手を育て、結果を出させることがいかに難しいか…。数多くいる選手の中でも伸びる選手はひと握りだ。「入」を「人」に変えて現在、137安打の平田は逆境から打撃のコツをつかんだ。まだまだ、そんな選手は球界に多く潜んでいるのではないだろうか。

(特別記者 植村徹也)

 植村徹也(うえむら・てつや) 1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘(しようへい)、星野仙一監督招聘を連続スクープ。ラジオ大阪(OBC)の金曜日、午後10時から「NEWS TONIGHT いいおとな」( http://www.obc1314.co.jp/bangumi/iiotona/ )の『今日のトラコーナー』や土曜日午後6時45分からの「まさとと越後屋のスポーツ捕物帖」( http://www.obc1314.co.jp/bangumi/okini/ )、に出演中。「サンスポ・コースNAVI!」( http://www.sanspo.com/golf/tokushu/golf-t24944.html )ではゴルフ場紹介を掲載、デジタルでも好評配信中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ