PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】7年前思い出す-紀伊半島豪雨被災地でも避難進む 「早く逃げないとだめだ」と危機感も

Messenger

 死者・行方不明者が14人にのぼった同県新宮市では、避難所の一つ「新宮市福祉センター」で49世帯71人が不安な一夜を過ごした。同市春日のパート、千葉敬(のり)子(こ)さん(62)は「(今年8月の)台風20号では、一人で寝るのが怖かった。避難所ではいろいろな人と話ができ、ほっとしました」。同市千穂の無職、宮本清子さん(78)は「これから雨も強まりそう。台風に備えてお昼の弁当も買いました」と不安を隠せない様子だった。

 同県内では4日早朝、古座川町の一部で5世帯9人を対象に避難指示が発令されたほか、かつらぎ町やすさみ町全域、和歌山市の一部で避難勧告が発令。県によると、午前8時半時点で計345カ所の避難所が開設され、702世帯940人が避難した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ