PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】「ちゃんと帰れるのか」「すごく空いている」 上陸直前のJR大阪駅

Messenger
台風21号接近でJR天王寺駅では通勤通学時間になっても利用客は少ない=4日、JR天王寺駅(前川純一郎撮影)
台風21号接近でJR天王寺駅では通勤通学時間になっても利用客は少ない=4日、JR天王寺駅(前川純一郎撮影)

 非常に勢力が強い台風21号の接近に伴い、JR西日本は京阪神エリアの在来線の全線で正午までに順次運行取りやめるとしている。JR大阪駅(大阪市北区)などでは4日早朝、通勤客らから「帰宅できるか不安」「仕事の予定が変更になった」などと不安の声が聞かれた。

 「出張で滋賀まで行く予定だったが、列車の運行状況から取りやめになった。これから出社するが、帰宅困難者になってしまうのでは…」。堺市南区の会社員、西脇健太郎さん(40)は不安を隠せない様子だった。

 台風21号を警戒して長靴姿で通勤していた大阪市中央区の女性会社員(38)は、「帰りは同僚が車で送ってくれると思うが、念のため長靴で家を出た。台風で多くの関係会社が休みなので、今日は仕事にならない」とこぼした。

 インターンシップに参加するため東京に行く途中という大阪市阿倍野区の大学3年、野上文(あや)さん(21)は「いつもすし詰め状態だが、今日は通勤客や観光客が少なくて座れた」と驚いた様子だった。

 同駅前で客待ちをしていたタクシー運転手の男性(73)は「昼から病院を早めに閉めるから看護師を送迎してほしいという予約がすでに入った。今日は忙しくなりそうだ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ