PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】25年万博選挙まで100日切る 日本の勝算は? 誘致戦略ラストスパート

Messenger

 日本政府が大阪への誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催地決定選挙(11月23日)まで、残り100日を切った。政府は投票権を持つ博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)加盟各国に対し、地域ごとに戦略を立てて働きかけを強化。ライバル国と水面下で火花を散らしながら、誘致合戦のラストスパートをかけている。(有年由貴子)

イベント会場で火花

 7月14日のフランス革命記念日に合わせ、パリで開かれた外交団向けイベント「ディプロマティック ガーデンパーティー」。気温30度を超える猛暑の中、25年万博の立候補国である日本と、首都バクーでの開催を目指すアゼルバイジャンの誘致PRバッグを手に会場を行き交う人の姿が目立った。

 このイベントは仏外交専門誌が主催。在仏の各国大使館や国際機関、欧州の主要機関の関係者らが多数招待されるため、日本とアゼルバイジャンは万博誘致をアピールする絶好の機会とみてPRブースを出展した。

 ただ、日本政府関係者らによると、出展を打診した数カ月前、主催者側から「アゼルバイジャンが多額のイベント参加費を投じたので日本は万博色を前面に出さないでほしい」という要請があった。アゼルバイジャンに先手を打たれた格好で、表向き「日本の魅力」だけをアピールすることを余儀なくされた。

 イベント当日、日本のブースでは着物姿のミス日本が登場、浴衣を着た女性スタッフらがお好み焼きや梅酒などをふるまい、「おもてなし」をアピール。万博については、その傍らで会場のイメージ映像などを流した。それでも誘致特使としてグッズが配布されたアニメのキャラクター「ポケットモンスター」の人気もあり、ひっきりなしにリピーターが訪れる盛況ぶりだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ