PR

産経WEST 産経WEST

倉敷市が災害復興本部設置 年度内に復興計画を策定

Messenger

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市は3日、市災害復興本部を設置し、初会合を開いた。伊東香織市長は終了後に記者団の取材に応じ、広範囲が浸水した同市真備町地区を中心とした復興計画を本年度中に取りまとめる考えを示した。

 会合は非公開。市によると、街づくりなどに関する復興計画の策定時期のほか、災害廃棄物の処理や被災した中小企業の支援などについてそれぞれ新設する部署の態勢や役割を確認した。

 伊東市長は「多くの人が仮設住宅や避難所で避難生活を送っている。一日も早く元の生活に戻れるよう取り組んでいきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ