PR

産経WEST 産経WEST

台風21号、北上 紀伊半島・四国にあす昼ごろ上陸か 「非常に強い」まま上陸すれば25年ぶり

台風21号の予想進路(3日12時現在)
Messenger

 非常に強い台風21号は3日、沖縄・南大東島の東の海上を北上した。4日昼ごろにも紀伊半島から四国に接近し、上陸する恐れがある。勢力を保ち「非常に強い」まま上陸すれば平成5年の台風13号以来25年ぶりになる。気象庁は暴風、高波や高潮、土砂災害、浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 JR西日本は3日、台風接近に伴い、4日午前10時ごろまでに京阪神エリアの在来線の全線で運転を取りやめる予定だと明らかにした。西日本や東日本では4日の帰宅時間帯にも交通機関に影響が出る恐れがある。

▼台風21号接近でJR西、京阪神で運休へ 4日午前10時までに

 気象庁は臨時記者会見を開き黒良龍太主任予報官は「台風は速度を上げて急速に接近し、急に風雨が強まるとみられる。不要不急の外出は控え、早めに避難してほしい」と呼び掛けた。青森県で農作物に大きな被害をもたらした3年の「リンゴ台風」(台風19号)にも触れ「台風の北上で北海道や東北でも暴風になる恐れがある」と述べた。

 安倍晋三首相は3日の政府与党連絡会議で「台風襲来や局地的な豪雨が相次いでいる。災害対策に万全を期す」と述べた。

 気象庁によると、4日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、四国、近畿45メートル(60メートル)、東海、北陸、東北30メートル(45メートル)、中国25メートル(35メートル)、沖縄23メートル(35メートル)、関東、伊豆諸島22メートル(35メートル)。波の高さは四国、近畿11メートル、東海10メートル、伊豆諸島7メートル、沖縄、関東6メートル。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ