産経WEST

【サッカーの現場】関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカーの現場】
関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場

 我慢が続いたが改善の見込みはなく、監督交代に至った。宮本監督はG大阪の「2軍」にあたるU-23(23歳以下)監督からの内部昇格となった。宮本監督は知名度も高く、将来的な日本代表監督への期待も集める「G大阪の宝」だ。クラブの年代別チームで指導者としての経験を積んでから、東京五輪が開催される2020年をめどに、トップチームの指揮官に-という青写真があった。“最後の切り札”を使わざるを得なくなったのは、緊急事態なのだ。

【G大阪-FC東京】前半、G大阪・ファビオのゴールに喜ぶ宮本恒靖監督。右は昨季までG大阪の監督で、現在はFC東京監督を務める長谷川健太氏=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈) 【G大阪-FC東京】前半、G大阪・ファビオのゴールに喜ぶ宮本恒靖監督。右は昨季までG大阪の監督で、現在はFC東京監督を務める長谷川健太氏=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)

 宮本監督就任後は守備の立て直しに躍起になるも、負け越してV字回復には至っていない。8月初旬にはクラブOBの松波正信氏が強化部門トップに就いてフロントのテコ入れを図り、神戸から万能型ストライカーの渡辺千真を獲得したことは光明だ。初のJ2降格に陥った2012年の二の舞はなんとしても避けたい。「オールガンバ」体制の綱渡りは続く。

ACL1次リーグで敗退したC大阪…波に乗れず 

 昨季に天皇杯とYBCルヴァン・カップを制して、クラブ初のタイトル獲得に成功したC大阪。尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督体制2年目の今季は、主要戦力がそろい踏みでスタートしたが、大目標に掲げたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は4月に1次リーグであえなく敗退を喫した。

 昨季は主力組と控え組を軸にしたメンバー構成の使い分けで、見事にルヴァン杯を制した。だが、ACLでは、この主力組と控え組を効率的に使い分けるターンオーバー制の戦略は失敗に終わった。近年レベルが飛躍的に高まるアジアの戦いでは、Jリーグでの成功体験が通じなかった。

 さらに、得意なはずのカップ戦である天皇杯は4回戦でJ2甲府に延長の末0-1で敗れた。ルヴァン杯連覇に重圧がのしかかる。

 尹監督は、厳格な規律から構築する守備を重視。先制すれば固い守りで逃げ切り、同点のままでも相手の攻撃を防ぎ切って勝ち点1を手に入れる-。そんな堅実な戦い方が基本だ。8月からは3バックの新布陣を導入し、攻守にハードワークするチーム作りに余念がない。

ピッチに指示を出すC大阪・尹晶煥監督=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈) ピッチに指示を出すC大阪・尹晶煥監督=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)

続きを読む

このニュースの写真

  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場

関連ニュース

「産経WEST」のランキング