産経WEST

【サッカーの現場】関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカーの現場】
関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場

 サッカーの関西J1クラブが、踏ん張りどころを迎えている。転換点は今夏。J2降格圏に低迷するG大阪は監督交代に踏み切り、神戸はスター選手のアンドレス・イニエスタの加入でフィーバーを起こした。昨季国内2冠のC大阪は、連覇を目指した天皇杯全日本選手権で4回戦敗退。昨季のような勢いに乗れない。J1リーグやカップ戦の行方を占う「秋の陣」の巻き返しはなるか。現状と打開策を探った。(吉原知也)

【鳥栖-神戸】後半、プレーする神戸・イニエスタ(左)と鳥栖・フェルナンドトーレス=ベアスタ  【鳥栖-神戸】後半、プレーする神戸・イニエスタ(左)と鳥栖・フェルナンドトーレス=ベアスタ 

名門がJ2降格圏に沈む

 窮地に追いやられているのが、J2降格圏に沈むG大阪だ。今季は、かつてライバルのC大阪を指揮したレビー・クルピ氏を監督に招聘(しょうへい)して攻撃サッカーの復権を図ったが、大誤算。開幕から低空飛行が続き、7月下旬にクルピ氏を解任し、クラブOBで元日本代表主将の宮本恒靖氏に再建を託した。

 クルピ氏には若手育成の評価が高かった。クラブ側は、ブラジル人指揮官の積極的な若手の抜擢(ばってき)で、近い将来の主力が育つことに期待した。新顔を試す分、遠藤保仁らベテランや倉田秋といった中堅の地力でチームを支え、リーグ戦で結果を出すという目算もあった。

 しかし、思惑は外れた。クルピ氏が重視した「中盤のバランス」は、今年1月の井手口陽介の海外移籍や今野泰幸の負傷が重なり、守備的MFのポジションが安定しない。クルピ氏はこれに変わる明確な戦術を打ち出せず、フロント陣の強化・補強施策も頭打ちとなった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場
  • 関西J1・3チームの秋の陣は… 勢いはイニエスタの神戸 セレッソ、ガンバは正念場

関連ニュース

「産経WEST」のランキング