PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】さよなら関電トロバス 黒部名物「無軌条鉄道」 別れ惜しむ鉄ちゃん大集結

今年で姿を消す関電のトロリーバス。特別にラッピングした車両で運行している=長野県大町市の扇沢駅
Messenger

 長野県と富山県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」の関電トンネルを走るトロリーバスが今年11月末に廃止され、約54年間の歴史に幕を閉じる。「トロバス」の愛称で親しまれた一風変わった“鉄道”は、運行開始から完全無事故。累計約6千万人の乗客を運び、来年から役目を電気バスに譲る。運行する関西電力はラストイヤーに合わせて多彩なイベントを開催。多くの鉄道ファンが名物車両との別れを惜しんでいる。(林佳代子)

 多彩な引退イベント

 トロバスは、長野県大町市の扇沢駅から富山県立山町の黒部ダム駅までの6・1キロを16分で結んでいる。もともとダム建設時の運搬路だった関電トンネルで、昭和39年8月に運行を開始し、雪に閉ざされる冬場を除いて営業を続けているが、関電が昨年8月、老朽化とコスト削減を理由に電気バスに切り替えると発表した。

 関電は運行最終日となる11月30日まで引退を盛り上げるキャンペーンを展開。歴代のトロバスの画像を印刷した記念乗車券を販売したり、ロゴマークをラッピングしたトロバスを走らせたりしている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ