PR

産経WEST 産経WEST

コウノトリひな3羽の愛称決定 17日に福井・越前市で放鳥

ひかりちゃん(福井県提供)
Messenger

 福井県は越前市白山地区で5月に生まれた国の特別天然記念物、コウノトリの幼鳥3羽(雄1羽、雌2羽)の愛称を発表した。5月7日に誕生した雌は「こころちゃん」、同8日誕生の雄は「りゅうくん」、同10日誕生の雌は「ひかりちゃん」。今月17日に同市坂口地区で放鳥する予定だ。

 愛称募集で1408人から寄せられた愛称候補を選考会で雄20点、雌20点に絞り、県民に雄雌各1点ずつ選んで投票してもらった。2132票(有効票)の投票があった。

 雄は最も投票数が多かった「りゅうくん」、雌は最も多かった「こころちゃん」と2番目に多かった「ひかりちゃん」に決まった。命名の理由は、りゅうくんは「恐竜、九頭竜川、(福井国体のマスコットキャラクター)はぴりゅう」から。こころちゃんは「優しい、穏やか、明るい心。心を大切にしてほしい」など、ひかりちゃんは「コシヒカリ。太陽や星の光。輝き」などから名付けられた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ