PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「コーチ全員残留」希望する阪神・金本監督 Bクラスなら大刷新不可避

金本監督の3年目はBクラスに終わった。来季に向け明るい材料に乏しいが、球団がとるべき方策は
Messenger

 Bクラス転落なら阪神・金本知憲監督(50)の希望するコーチ陣全員残留は夢の彼方に消えるでしょう。残り33試合(110試合消化)時点で50勝59敗1分の借金9、首位・広島とは16・5ゲーム差の阪神はCS圏の3位とも2ゲーム差の4位です。2年ぶりのBクラス転落の危機が迫っていますが、このまま4位以下の成績で終われば金本監督には厳しいオフが待ち受けます。自身が監督就任時に組閣したコーチ陣の大幅刷新を本社ー球団から要求されるのは必至。監督としての威信さえも失う可能性が出てきます。迷走阪神は風雲急を告げてきました。

 ちょうど今季110試合目のヤクルト戦(甲子園)は1ー3の敗戦。0ー1の五回裏には一死満塁のチャンスで糸原が中堅に飛球を打ち上げ、同点か…と思われた次の瞬間でした。ホームベースを三塁走者・鳥谷が踏む前にタッチアップしていた二塁走者の梅野が三塁でタッチアウトになる信じられないプレーが飛び出し一瞬にして併殺プレーが完成。無得点に終わり、そのままズルズルと敗退したのです。

 「開いた口がふさがらない」とは高代三塁コーチャーの言葉ですが、それはスタンドやテレビで見ていたファンの言葉です。開いた口をふさげるように指導するのがコーチの立場、仕事ですよ。ミス→敗戦をまるで選手だけに責任を負わせるような言葉は百害あって一利なしでしょう。

 そして、金本阪神は110試合消化して50勝59敗1分。借金9で首位・広島とは絶望的な16・5ゲーム差です。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ