PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】将棋の〝虎の穴〟奨励会退会経験持つ映画監督が描く棋士の世界、藤井七段の存在が後押し

Messenger
映画「泣き虫しょったんの奇跡」のワンシーン (C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社
映画「泣き虫しょったんの奇跡」のワンシーン (C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 「構想約8年。当初は今のような将棋ブームはなかったから、映画化は難航しました。でも、藤井聡太七段が登場し、ブームを作ってくれた。彼の力は大きかった」。将棋のプロ棋士の世界を描いた映画「泣き虫しょったんの奇跡」(9月7日からテアトル梅田などで公開)でメガホンを執った豊田利晃監督はこう振り返った。映画は、26歳の年齢制限で一度はプロの道を断念しながら、35歳にしてプロになる夢を叶(かな)えた瀬川晶司五段の実話を描いた。実は豊田監督自身も一度はプロ棋士を目指し、9歳から17歳まで関西奨励会に通った経験を持つ異色の映画監督だった。(戸津井康之)

「もう一度、将棋を…」

 映画の内容はこうだ。小学生の頃から瀬川(松田龍平)はプロ棋士に憧れ、奨励会へ通っていた。だが、プロの条件である4段になるための年齢制限の26歳を超え、その道を閉ざされる。瀬川は会社員として働き始めるが、夢をあきらめきれず脱サラ、再びプロ棋士を目指す。35歳になっていた…。

 豊田監督は昭和44年、大阪府生まれ。プロ棋士を目指し、9歳で関西奨励会に入ったが17歳で退会した。瀬川五段と同様、プロになる夢を断念した将棋青年だった。

 「奨励会を辞めた後は、もう将棋を指そうとも思わなかったし、映画監督になった後も、自分で将棋映画を撮ろうと思ったことはなかった」と豊田監督。

 だが、約8年前、一冊の本が豊田監督の心を動かした。瀬川五段の自伝を読み、映画化を決意。すぐに1稿目の脚本を書き上げた。

 「もう一度、将棋を指したい…。そう思わせてくれた初めての本でした」と豊田監督は言う。「奨励会を辞めたときの思いなど、瀬川五段の心情と重なるところが多かった」ことが、その理由だ。

松田龍平(中央)に対局場面の演出をする豊田利晃監督(右) (C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社
松田龍平(中央)に対局場面の演出をする豊田利晃監督(右) (C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ