産経WEST

浸水45センチ、ドアが開かない! 豪雨の恐さと早期避難の重要性体感 大阪での訓練参加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


浸水45センチ、ドアが開かない! 豪雨の恐さと早期避難の重要性体感 大阪での訓練参加

豪雨体験する記者。100㍉以上では、傘を持つのがやっとだった=大阪府八尾市(鳥越瑞絵撮影) 豪雨体験する記者。100㍉以上では、傘を持つのがやっとだった=大阪府八尾市(鳥越瑞絵撮影)

 大雨の脅威をまざまざと見せつけられた西日本豪雨。近年はゲリラ豪雨による被害も増えており、どこにあっても防災意識と対策は必要だ。大阪府八尾市で行われた防災訓練に参加して「豪雨の中での避難」を体験して思い知らされたのは、浸水してからの避難がいかに難しいかということ。命を守るのは、事前の備えと早期避難に尽きるということだった。

地域住民ら約300人参加

 8月26日、大阪府八尾市で、「集中豪雨により市南部を流れる大和川の水位が上昇した」との想定で行われた防災訓練には、地域住民ら約300人が参加した。西日本豪雨を教訓に、台風や豪雨の際、「早期の避難がどれほど大事かを知ってもらう」(市担当者)のが狙いで、自宅からの避難訓練のほか、土嚢(どのう)づくりや豪雨が実体験できるブースも設けられた。

 訓練の様子を取材しつつ、水中歩行▽浸水したドアの開閉▽1時間あたり100ミリ以上の降雨-の3つを記者も体験。水深約20センチの人工濁流の中を歩く水中歩行は「わずか20センチ」と思っていたが、実際には相当な水圧がかかり、歩きにくかった。水は濁っているため、水底にある石や段差などの障害物は見えない。何度も転びそうになり、「これが夜間、屋外だったら…」と恐怖を覚えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 浸水45センチ、ドアが開かない! 豪雨の恐さと早期避難の重要性体感 大阪での訓練参加
  • 浸水45センチ、ドアが開かない! 豪雨の恐さと早期避難の重要性体感 大阪での訓練参加

関連トピックス

「産経WEST」のランキング