PR

産経WEST 産経WEST

バイク8人死傷「見通しよいのになぜ…」 奈良、近隣住民ら

事故で大破した大型バイク(左)とミニバイク(右手前)。右奥のミニバイクもライトなどが損傷している=奈良市
Messenger

 激しく損傷した複数のバイクに、広範囲にわたって飛び散った破片。現場の生々しい状況が惨劇を物語っていた。奈良市の国道24号で8月31日未明、3台のバイクが転倒し、8人が死傷した事故。見通しの良い高架橋で起きた凄惨(せいさん)な事故に、近隣住民は「こんなところで事故が起こるなんて」と驚きを隠さなかった。

 31日午前2時20分ごろ、同市八条の国道24号で、大型バイク1台とミニバイク2台が転倒。14~18歳の男女6人が死亡し、他の女性2人は重軽傷を負った。

 現場付近には数百メートルにわたり、大破したバイクの残骸や当事者のものとみられるサンダルが散乱。大型バイクは前輪とハンドルが車体から真っ二つとなり、ミニバイクのうち1台は原形をとどめていなかった。

 現場近くに住む無職男性(37)は「戸を開けて寝ていると、『ドーン、ドーン』と金属が地面にぶつかるような音がして目が覚めた。直後に人の叫び声が聞こえた」と振り返る。バイクは高架橋に上る直前の赤信号を通り抜け、北進したとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ