PR

産経WEST 産経WEST

関西生コン幹部ら3人起訴 恐喝未遂で 大津地検

Messenger

 準大手ゼネコンが進めていた倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、大津地検は8月31日、恐喝未遂罪で、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(大阪市)の執行委員兼政策調査部長、城野正浩容疑者(57)=兵庫県西宮市=ら3人を起訴したと発表した。30日付。

 ほかに起訴されたのは同支部と提携関係にある湖東生コン協同組合(滋賀県東近江市)理事長、奥宗樹容疑者(55)=東近江市=と同組合の登録販売店経営、金子寿男容疑者(56)=草津市。

 起訴状によると、城野被告らは平成29年3~7月ごろ、東近江市内の清涼飲料水メーカーの倉庫建設工事をめぐり、湖東生コン協同組合加盟業者と契約を結ぶようゼネコン関連会社の商社の支店長を脅すなどしたとしている。

 事件ではこれまでに、同支部執行委員長の武(たけ)建一容疑者(76)ら10人が逮捕され、今回の3人を含め6人が起訴されている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ