PR

産経WEST 産経WEST

走行記録を外部に無料提供 阪神高速「渋滞や自動運転研究に活用を」

Messenger

 阪神高速道路は31日、高速道路上の車両の軌跡や速度の情報を、国内外の研究機関に無料で提供すると発表した。同社によると、こうした取り組みは国内で初めて。「渋滞発生メカニズムの解明や、自動運転の制御技術の研究開発などに役立ててもらいたい」としている。

 提供するのは、大阪市の阪神高速池田線で今年4月に撮影した計5時間分の映像を、人工知能(AI)による画像処理で解析したもの。走行中の各車両の位置情報を0・1秒おきに数値化した。

 交通分野の研究開発推進のため、国内外の大学や企業などの研究機関を対象に、31日からおおむね3年間提供する。専用サイト(https://zen-traffic-data.net)から利用申請できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ