PR

産経WEST 産経WEST

再エネ発電だけの電気販売 四国電、家庭向け新プラン

Messenger

 四国電力は31日、水力などの再生可能エネルギーで発電した電気だけを販売する、家庭向けの料金プランを発表した。

 一般家庭の多くが契約する従来のプランと比べて1割程度割高になるが、環境意識が高い顧客の獲得につなげたい考え。同様のプランを導入するのは、大手電力では東京電力に続いて2社目という。

 発電に使用する再エネは99%を水力で、残りは太陽光とバイオマスでまかなう。収益の一部は水力発電所などの設備の維持、増強に充てる。9月3日から先行受け付けを始め、10月1日から適用を開始する。

 四国電の担当者は「再エネに対する顧客のニーズが一定程度あったことから導入を決めた。多様な価値観に応えることで顧客の満足度を高めていきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ