PR

産経WEST 産経WEST

コンビニのない村に補助金得て開業した弁当店、1年経たず閉店…大阪・千早赤阪村、全額返還求める

Messenger

 コンビニエンスストアのない大阪府千早赤阪村で昨年9月下旬にオープンした弁当店が、開店1年もたたない7月下旬に閉店し、村が開業資金として交付した補助金300万円の全額返還を求める事態になっている。閉店した原因は不明だが、販売不振だったとみられる。(藤崎真生、写真も)

補助金300万円の交付を受けながら、1年もたたずに閉店した弁当店「ふくまる」=大阪府千早赤阪村
補助金300万円の交付を受けながら、1年もたたずに閉店した弁当店「ふくまる」=大阪府千早赤阪村

 閉店したのは、村内の新興住宅地「小吹台(こぶきだい)」(同村小吹)にあった弁当店「ふくまる」。住民らによると、今年6月中旬ごろには休業の張り紙がされ、7月下旬には機材類が運び出された。村が経営者に事情を確認したところ、店は閉店したと説明したという。

 同店は昨年9月にオープン。村の「小売店舗等開業支援事業補助金」制度を活用した第1号店として、開業時は注目を集めた。経営者も当時の取材に「ここで地域の人の役に立ちたい」などと話していたが、1年足らずでの閉店となった。

 同補助制度は「1年間の営業日数は200日以上、3年以上続けて営業すること」などを条件に、300万円を上限に開業経費の半額を補助する内容。このため同村は、条件に該当しなくなったなどとして経営者に補助金全額300万円を返還するよう通知。経営者側はこれまで10万円を返還し、残りは分割での支払いを希望しているという。

 同村は人口約5300人と過疎と高齢化が進み、府内で唯一の「過疎地域」に指定されている。弁当店があった小吹台地区は、村内人口の約36%にあたる約1900人が暮らすが、高齢化率は52・9%で村全体(44・2%)より高い。村も弁当店の成功に期待をかけていただけに、落胆が大きい。

 一方、村の担当者は「開店後は営業活動を積極的に行うようアドバイスはしたが、資金繰りなどは確認していなかった。チェックが甘いといわれても仕方がない」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ