産経WEST

九州北部豪雨で寸断、被災路線復旧巡り緊急抗議 沿線自治体、JR九州に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


九州北部豪雨で寸断、被災路線復旧巡り緊急抗議 沿線自治体、JR九州に

九州の地方路線の多くが、人口減少に伴い利用者が減っている=大分県日田市の日田駅 九州の地方路線の多くが、人口減少に伴い利用者が減っている=大分県日田市の日田駅

 昨年7月の九州北部の豪雨で寸断されたJR九州の日田彦山線を巡り、福岡、大分両県など沿線自治体は31日、復旧後の運営費を自治体が支援しなければ路線バスなどの運行に切り替える可能性を青柳俊彦社長が示唆したことに抗議し、丁寧な議論を求める緊急要請書を同社へ提出した。

 緊急要請書は、両県と、不通区間の3市町村による連名。JR九州と沿線自治体は今年4月から復旧方法などを巡って関係者会議で議論しているが、青柳社長がこうした発言を外部で繰り返していることを受け、「協議の場をないがしろにしている」と抗議。あくまでも検討会の中で議論すべきだと求めている。

 福岡県の山田信吾企画・地域振興部次長は要請後、報道陣に「鉄道の復旧を切望している沿線住民や自治体は、大きな不安を募らせている」と述べた。小川洋知事も同日、県庁で定例記者会見を開き、復旧を前提に関係者と議論を進める姿勢を強調した。山田次長らによると、要請書を受け取ったJRの担当者からは「両県と沿線自治体に迷惑をかけた」と謝罪があったという。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング