PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】新人王戦、藤井七段の昼食は「カレーうどん」 近藤五段は「珍豚美人」 戦型は「角換わり腰掛け銀」

Messenger
藤井聡太七段が注文したカレーうどん=31日午後、大阪市福島区
藤井聡太七段が注文したカレーうどん=31日午後、大阪市福島区

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と近藤誠也五段(22)が新人王戦ベスト4進出を懸けた対局が31日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われている。

 先手の近藤五段が角道を開け、後手の藤井七段も飛車先の歩を突いた後に角道を開け、早々と角交換。両者とも銀を繰り上げ、戦型は攻守のバランスに優れた「角換わり腰掛け銀」となった。

 正午の昼食休憩に入り、藤井七段は関西将棋会館近くの「やまがそば福島店」からカレーうどんをチョイス。近藤五段は同会館1階の「レストランイレブン」の定番メニュー、珍豚美人(ちんとんしゃん)だった。対局再開は午後0時40分。

近藤誠也五段が注文した珍豚美人=31日午後、大阪市福島区
近藤誠也五段が注文した珍豚美人=31日午後、大阪市福島区

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ