PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和のスポカル】不思議の国から飛び出すアリス chiaki kohara

自作を手にポーズをとるchiaki kohara=大阪市浪速区
Messenger

 ロリコンみたいだと思われるのがしゃくなので、あまり公言はしていないが、「ガーリー」(女子っぽい)な絵を見るのは決して嫌いではない。

 たとえば、昔なら水森亜土(みずもり・あど)のイラスト。まーるい顔にふわふわした金色の髪。ブルーのつぶらな瞳に少し上を向いた鼻…。彼女のつくりだすほんわかしたキャラクターは、なかなかすてきだ。

 小さなころ、亜土ちゃんが透明なボードに鼻歌をうたいながら絵を描くテレビ番組を、よく見ていた記憶がある。

 彼女は、くだんのキャラクターをいつもすらすらと時間内に描き上げた。

 そういえば、筆者も図画工作は好きだったが、あんなにうきうきしながら絵を描いていた記憶はない。

 どちらかといえば、より実体に近づけようときまじめにスケッチし、できあがったものを見ては、自分に失望していた記憶がある。

 だから、楽しそうに絵を描いている亜土ちゃんが、とてもうらやましかった。

   □    □

 先日、大阪市北区梅田のDMO ARTS( https://dmoarts.com/ )で「グリモワール」と題したchiaki kohara(チアキ コハラ)の個展(9月6日まで)を見た。

▼DMO ARTS(外部サイト:https://dmoarts.com/ )

 彼女の描く少女もまた、その目はブルーだったり、ブルーグレーだったり、髪の毛も金色だったり、明るいくり色だったりしている。

 女の子たちは、ひらひらフリルのエリがついたワンピースを着て、まるでおとぎの国に遊んでいるようにみえる。

 しかし…。

 1970年代の亜土ちゃんの時代からもう半世紀が過ぎようとしている。

 水森亜土の描く少女像は笑顔で、ときには色っぽく、愛らしく、とても幸せそうに輝いていた。あのころ、高度経済成長期の少女たちには、学校で勉強をして、ちょっと働いて、いずれはお嫁さんになるというレールが、世間一般にはあった。

 ところが、チアキ コハラの描く少女たちは、瞳が白目がちでしかめっつらが多い。おまけに、手足は長くて細く、とても神経質そうだ。

 「小さい女の子がおとなの様子をうかがってるときの目だといわれることもあります」(チアキ コハラ)

 その姿は、従来の軌道が消えた世界に投げ出され、将来に不安を抱く現代の若い女性たちを表現しているのではないか…。

   □    □

 「グリモワール」はフランス語で「魔術書」のことだ。「こわい、グロテスクなイメージですが、世界を救い世界を滅ぼすという『救い』と『呪い』の2種類の観点で影響を得たものたちを描こうと思って」

 紫色に染めた髪、幼さの残るルックス。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ