PR

産経WEST 産経WEST

「獺祭」酒蔵が豪雨義援金を被災4県に…島耕作ラベルの売り上げ 山口・岩国

純米大吟醸「獺祭 島耕作」の売り上げの一部を寄付した旭酒造の桜井一宏社長(左)と義援金の目録を手にする湯崎英彦広島県知事=広島県庁
Messenger

 人気の日本酒「獺祭(だっさい)」を製造している旭酒造(山口県岩国市)の桜井一宏社長が30日、広島県庁を訪れ、西日本豪雨の被災地支援の義援金目録を湯崎英彦知事に手渡した。同社が8月から販売している、漫画「島耕作」のイラストをラベルにした日本酒の売り上げの一部で、岡山、広島、愛媛、山口の4県に計1億1600万円を寄付した。

 知事室で開かれた贈呈式では、島耕作の等身大パネルも登場。湯崎知事は「今はお酒を控えようという方も多いと思うが、楽しんでいただくことが復興につながる」と謝意を述べた。

 旭酒造は西日本豪雨で事務所や倉庫が浸水するなどした影響で貯蔵タンクの温度管理が難しくなり、一時は約30万本の廃棄処分を検討していた。

 被害を知った島耕作の作者で、岩国市出身の漫画家弘兼憲史さんが協力。1本1200円のうち200円を被災地に寄付するとして純米大吟醸「獺祭 島耕作」を発売し、約58万本を売り上げた。

 桜井社長は「復旧作業はこれからも続く。楽しい日常を取り戻すきっかけになる形で使ってほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ