PR

産経WEST 産経WEST

岐阜の病院・入院患者5人死亡、「病死」判断…診断書に熱中症記載なし

「Y&M 藤掛第一病院」前で取材に応じる藤掛陽生院長(左)=28日、岐阜市
Messenger

 岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」でエアコンが故障した3、4階に入院していた80代の患者5人が死亡した問題で、病院側が5人の死因をいずれも病死と判断していたことが30日、岐阜県警への取材で分かった。死亡診断書に熱中症との記載はなかったという。

 看護師が両階の廊下に設置された温湿度計で温度や湿度を定期的に記録していたことも、市への取材で判明。岐阜県警は押収したカルテを分析、病室内の状況を病院が認識していたとみて、5人の詳しい病状や経緯を調べている。

 県警は30日までに5人の司法解剖を終えたが、死因の特定に至らず、引き続き調査する。

 医師法は医師が死体に異状を認めた場合、24時間以内に所轄警察署に届けなければならないと規定している。病院は5人の死亡をいずれも県警に通報していなかった。

 両階のエアコンが故障した20日以降、岐阜市では最高気温が35度を超えたこともあり、病院は病室に家庭用扇風機を置くなどしたが、83~85歳の男女5人は26~28日に死亡。市は29日、報道陣に「劣悪な環境の中で亡くなったことを確認した」と明らかにした。

 市によると、病院には看護師や看護補助者のほか、非常勤の医師ら計36人の職員がいたが、常勤医師は藤掛陽生院長1人だけだった。

 死亡した5人のうち何人かは重症の心不全や多臓器不全、肺の病気のため入院したとみられる。県警は生前の病状と死亡との因果関係を調べている。

 県警などによると、26~27日に死亡した4人はエアコンが故障した病室にそのままおり、死亡した。もう1人は3階の病室に入院、その後エアコンが故障していない2階の病室に移されたが、28日夕に死亡した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ