PR

産経WEST 産経WEST

脱走ミーアキャット、無事発見も新たな問題浮上 大阪・みさき公園

Messenger

 大阪府岬町の「みさき公園」で7月中旬に獣舎から脱走した人気者のミーアキャット「シオン」(雌、1歳)。3週間後に発見され、無事に一件落着したようにみられていたが、別の家庭内の問題が発生している。感動の再会を果たしたものの、母親の「リョウコ」から威嚇されてしまったのだ。飼育員らは以前のように家族で仲良く暮らしてほしいと願うが、5回にわたって行われた対面はいずれも失敗。今もシオンはただ一匹で、ケージの中で暮らしている。(嶋田知加子)

娘と母、謎のバトル

 ミーアキャットは昆虫や鳥などを食べるマングース科の肉食性動物。後ろの2本足と尾で立つ姿は愛らしくてユーモラスで同園でも人気者だ。臆病ながら好奇心旺盛で、獣舎前で見ている人間に興味深そうに近寄ってきたり、おなかをみせて座っている様子に、とりこになる人も多い。

 ミーアキャットは家族中心に群れで生活する習性を持つ。脱走当時は生後11カ月だったシオンも、父のポルコ(6歳)、母のリョウコ(9歳)、兄のチヨコ(3歳)と、5月に生まれた4匹の弟妹の計8匹の一家で暮らしていたが、7月17日に脱走。8月7日に無事、保護することができた。

▼体重55kg美女ゾウガメ脱走15日、心ない批判

家族と暮らしていた頃のシオン(左端)=みさき公園提供
家族と暮らしていた頃のシオン(左端)=みさき公園提供

 それから1週間で家族の元に帰ることになったシオン。だが、同園動物グループマネジャーの堀内成浩さん(53)の顔は浮かなかった。「お母さんが怒っている様子で戻れていないんです」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ