PR

産経WEST 産経WEST

徳島道でバス火災、松山発大阪行き けが人はなし

Messenger

 29日午後0時35分ごろ、徳島県藍住町東中富の徳島自動車道上り線の藍住インターチェンジ(IC)で、JR四国バスの高速バスから出火し、一部が焼損した。子供を含む乗客の男女10人と運転手1人は避難し、けが人はなかった。

 県警高速隊によると、バスは松山市から大阪府に向かう途中で、走行中に運転手が焦げ臭いにおいや煙を確認。約7キロ離れた藍住ICの料金所付近で止まり、乗客を避難させる際、バスの右前部から出火した。車内の天井の一部なども焼け、約30分後に消し止められた。県警が出火原因を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ