PR

産経WEST 産経WEST

【バスケ】不適切行為の4選手、クラブは契約継続…滋賀は手書きの反省文公開

会見で謝罪する日本バスケットボール協会の三屋裕子会長(左から2人目)。左端はBリーグの大河正明チェアマン=29日
Messenger

 ジャカルタ・アジア大会の期間中にバスケットボール男子日本代表4選手が買春行為をしたとされる問題で、日本バスケットボール協会が29日に4選手の1年間公式試合出場権剥奪処分を決めたことを受け、各選手が所属するBリーグの京都ハンナリーズ、大阪エヴェッサ、新潟アルビレックスBB、滋賀レイクスターズが減俸や社会奉仕活動への従事を課す処分をそれぞれ発表した。

 処分を受けたのはいずれもBリーグ所属の永吉佑也(27)=京都、橋本拓哉(23)=大阪、今村佳太(22)=新潟、佐藤卓磨(23)=滋賀=の4選手。いずれも解雇や契約解除などの処分はなく、クラブに所属させながら教育をしていくとした。

 滋賀は佐藤の署名を添えた手書きの文書を公開。「日本の国旗という重みあるものを背負いながら、私の愚行により滋賀レイクスターズ、日本のバスケットボール、Bリーグ全体のイメージダウンに繋がり、全ての方々の期待を裏切りました。深く反省しております」などと記されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ