産経WEST

日本最古のケーブルカー「生駒ケーブル」開業100周年 ユニーク車両「ミケ」「ブル」好評、家族連れで賑わう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日本最古のケーブルカー「生駒ケーブル」開業100周年 ユニーク車両「ミケ」「ブル」好評、家族連れで賑わう

開業100年を迎えた生駒ケーブル。鳥居前駅では記念のサンバイザーが配られた=奈良県生駒市 開業100年を迎えた生駒ケーブル。鳥居前駅では記念のサンバイザーが配られた=奈良県生駒市

 大正7年、日本初のケーブルカーとして奈良県生駒市で開業した「生駒ケーブル」(近鉄生駒鋼索線)が29日、100周年を迎えた。生駒山の麓にある鳥居前駅では記念グッズが配布され、大勢の家族連れらでにぎわった。

 生駒ケーブルは大正7年8月29日に開業。現在は鳥居前-宝山寺間(0・935キロ)と、宝山寺-山上間(1・052キロ)を運行し、生駒山上遊園地に向かう家族連れを運ぶほか、沿線住民の通勤・通学の足としても利用されている。

 近年は大阪平野を一望できる景観が訪日外国人客の人気を集める一方、三毛猫とブルドックをそれぞれモチーフにしたユニークな車両「ミケ」と「ブル」も大好評。ミケとブルはこの日、創業当時の「生駒鋼索鉄道」の社章を模したヘッドマークを掲出し、路線を走った。

 また、鳥居前駅の改札では、乗車した児童や幼児にブルとミケをあしらったサンバイザーを配布。これから遊園地に向かうという大阪府八尾市の小学4年、浜田海斗君(9)は「ケーブルカーは顔がかわいくて好き」と笑顔。母の隆子さん(40)は「非日常感を味わえる。これからも変わらず残していってほしい」と話していた。

このニュースの写真

  • 日本最古のケーブルカー「生駒ケーブル」開業100周年 ユニーク車両「ミケ」「ブル」好評、家族連れで賑わう

「産経WEST」のランキング