産経WEST

【関西の議論】熱中症対策で見直される「梅干し」 猛暑で和歌山の出荷工場は連日フル回転

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
熱中症対策で見直される「梅干し」 猛暑で和歌山の出荷工場は連日フル回転

梅干しのパック詰め作業に追われる工場の従業員ら=8月、和歌山県田辺市(JA紀南提供) 梅干しのパック詰め作業に追われる工場の従業員ら=8月、和歌山県田辺市(JA紀南提供)

 厳しい暑さが続く中、熱中症対策として梅干しが注目されている。手軽に食べて塩分補給ができることから人気を集め、今夏の甲子園でも選手たちが練習の合間に食べるなど、さまざまな場面で活用されている。異例のブームに一大産地の和歌山県の出荷工場では過去に例がないほど注文が殺到し、一日あたり8トンを加工、従業員らがフル回転で作業に当たっている。

工場は大忙し

 同県田辺市中芳養にあるJA紀南の梅干し加工工場では7月上旬以降、例年の1・5~2倍の梅干しの注文が相次ぎ、従業員らは梅干しの味付けやパック詰めなどの作業に追われている。

 この時期はもともと夏場の暑さ対策やお中元などで梅干しの需要は高いが、猛暑の今年は特別で、この工場では例年のピーク時の2倍の一日あたり約8トンの梅干しを加工。それでも出荷が追いつかない状況が続いているという。

 工場の稼働時間も通常午前8時から午後5時までのところを、午後9時までに延長。従業員らが休日を返上したり残業を増やしたりして対応し、別の担当課の従業員も勤務後に手伝いに入るなどしている。

 ある従業員は「20年以上働いているが、ここまで注文が殺到するのは初めて」と驚きを隠さない。JA紀南加工部営業課の坂本征司課長(55)は「梅干し人気はありがたいが、あまりにも忙しい。しばらくは暑さの影響で需要も続きそうで、一致団結して乗り切っていくしかない」と話す。

疲労回復もとより、実は骨カルシウム吸収…そして

このニュースの写真

  • 熱中症対策で見直される「梅干し」 猛暑で和歌山の出荷工場は連日フル回転
  • 熱中症対策で見直される「梅干し」 猛暑で和歌山の出荷工場は連日フル回転

「産経WEST」のランキング