PR

産経WEST 産経WEST

【世界の働く女性たち】fromイギリス 女王が後援、女性の学び場

イギリスの「デンマンカレッジ」。婦人会が運営する“学びとレジャー”の施設
Messenger

 今回は最近イギリスで人気の“学びとレジャー”を兼ね備えたアダルトエデュケーションの場をご紹介しましょう。エリザベス女王を後援者にもつ国内最大の婦人会、WI(Women’s Institute)が1948年に会員の興味、趣味を広げる目的で設立した宿泊付きのデンマンカレッジです。広い敷地に建つ18世紀の館で3食を共にしながら過ごす日々。新しい出会いを求めてやってくる人も少なくありません。トップの講師を迎えて文学、手芸、料理、音楽など年間500以上のクラスが企画されています。

 WIは第一次大戦中に女性に食料の生産、保存を奨励する目的で設立され、現在は6300の支部に会員数が約22万人。アダルトエデュケーションのほか、影の力持ちとしてチャリティー活動などと幅広く活躍しています。

 デンマンカレッジのベッドルームはWI支部が担当していて、同じ内装の部屋はありません。壁にかかる刺繍(ししゅう)やハンドメードのベッドカバーなどその標準の高さは高級ホテルにも匹敵します。婦人会の運営とあって、食事も健康や鮮度にこだわっていると定評があります。最近は日本から英国菓子やカリグラフィーなどのクラスを通して英会話を学びに来る人も多いようです。

 木島タイヴァース由美子さん(66) 英国政府公認観光ガイド(ブルーバッジガイド)。結婚後、25歳で渡英。バッキンガムシャー州のウィンズロウで夫と2匹の犬と暮らす。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ