PR

産経WEST 産経WEST

【アジア大会】初戦敗退も的確な上段攻めで銅メダル 空手女子組手68キロ級の染谷

女子組手68キロ級3位決定戦 台湾選手(左)を破って銅メダルを獲得した染谷香予=ジャカルタ(共同)
Messenger

 ジャカルタ・アジア大会第10日の27日、空手の組手が行われ、女子68キロ級の染谷香予(そめや・かよ、テアトルアカデミー)は初戦の準々決勝で敗れたものの、3位決定戦に勝って銅メダルを獲得した。

 まさかの初戦敗退も、アジア選手権3連覇の意地は見せた。染谷は準々決勝で1点も取れずに敗れたが、3位決定戦は相手の裏をかく的確な上段攻めで銅メダル。それでも優勝も期待されていただけに「応援していただいた方に申し訳ない」とうなだれた。

 準々決勝は「決勝を意識しすぎて体が硬くなった」という。1点を先取された後、決定打が出ずに逆転できなかった。3位決定戦の相手は過去に何度も対戦し、お互い手の内をよく知る台湾選手。「中段を警戒しているはず」という読みは当たり、全て上段への突きや蹴りで点を重ねた。

 東京五輪の女子組手は61キロ超級が最重量級になるため、今大会68キロ超級で優勝した植草歩(JAL)と代表枠を争うことになりそうだ。パワーのある植草に対し、染谷は「スピード勝負なら勝てる」と対抗心を燃やす。今回の“勝負”は金と銅でメダルの色の差をつけられたが、「これからの試合を一つ一つ勝って五輪につなげていく」と決意を新たにした。(岡野祐己)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ