PR

産経WEST 産経WEST

真宗大谷派旭川別院で2500万円横領 会計職員

Messenger

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市)の地方寺院の一つ、旭川別院(北海道旭川市)で、経理担当の男性職員(49)が約2年間にわたり同別院の資金約2500万円を着服していた疑いがあることが27日分かった。

1人で担当、決算監査で見抜けず

 同別院は北海道警に相談しており、業務上横領罪で告訴する方針。職員は内部調査に対し「遊興費に使った」と着服を認め、6月から出勤停止となっている。

 真宗大谷派によると、職員は平成27年3月に採用され、旭川別院の会計・出納を担当。今年6月に実施された同派による会計監査で、28年8月以降に約2500万円の使途不明金があることが発覚した。架空口座を作りパソコンの会計ソフトの金額を改竄していたとみられる。同別院では、この職員が実質的に1人で経理を担当しており、毎年実施する決算監査では見抜けなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ