PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】「弁護士を頼って」 日弁連会長が岡山訪問

Messenger

 日弁連の菊地裕太郎会長は27日、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市を訪れ、伊東香織市長と会談した。菊地会長が「今までの災害での経験値がある。弁護士の力を頼ってほしい」と話すと、伊東市長は「手続きが分からない人が多い。被災者が一日でも早く生活を取り戻せるよう協力してほしい」と要望した。

 会談では、同席した日弁連の弁護士が、岡山、広島、愛媛の3弁護士会で豪雨直後から実施した無料法律相談について説明。岡山では24日までに485件の相談があり、住宅や車のローンを巡る内容が目立った。

 会談後は、大きな浸水被害に見舞われた倉敷市真備町地区の市立真備中などを視察した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ