PR

産経WEST 産経WEST

激しい打ち込みや突き 真田幸村ゆかりの和歌山・九度山でなぎなた大会

熱戦が繰り広げられたなぎなた大会
Messenger

 幸村杯第3回全国高等学校男子なぎなた選手権大会・全国女子なぎなた大会(和歌山県九度山町と全日本なぎなた連盟主催、産経新聞社など後援)が26日、和歌山県九度山町入(にゅう)郷(ごう)の九度山文化スポーツセンターで開かれた。

 平成27年の「紀の国わかやま国体」で同町がなぎなたの競技会場になったため、「なぎなたの町」として地域を活性化していこうと、28年から同町ゆかりの戦国武将・真田幸村にちなんだ「幸村杯」を冠して毎年開催している。

 今回は男女計76人が出場。気合とともに相手の小手、すねなどを激しく打ち込んだり突いたりして、勝負を決めていた。

 男子で優勝した神奈川大学付属高校(横浜市)2年、中村優太さん(16)は「一戦一戦、集中して戦えた」と笑顔を見せ、女子で優勝した関西福祉科学大学高校(大阪府柏原市)の非常勤講師、林田智(ち)笑(えみ)さん(23)は「攻める気持ちを忘れずに勝ち進むことができた」と喜んでいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ