PR

産経WEST 産経WEST

【富田林脱走】逃走2週間、止んだひったくり ローラー展開も捜査難航

Messenger

 大阪府警富田林署で勾留されていた無職、樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が面会室から逃走した事件は26日で発生から2週間が過ぎた。当初は樋田容疑者の関与が疑われるひったくり事件が続発したが、14日を境に10日以上も鳴りを潜め、足取りが途絶えた。ある程度の現金と食料を得て、空き家やガレージに隠れたか。協力者を得て潜伏生活に入ったか。富田林署捜査本部は実家周辺の同府松原市などでローラー作戦を展開したが、捜査は難航している。

捜査の的分散

 22日夜、松原市の住宅街にあるシャッター付きの貸しガレージ。10人ほどの捜査員が集まり、樋田容疑者が滞留した形跡がないか見て回った。

 同市内にある樋田容疑者の実家から約1キロの距離。近くには、5月に逮捕されるまで偽名で借り、最初の逮捕容疑となった盗難バイクの保管場所だった別のガレージがあった。

▼「夜間の学校に電気が…」目撃情報1200件、警察官延べ4万2千人投入も行方分からず

 ガレージ付近の防犯カメラは逃走翌日の13日未明、樋田容疑者とみられる男が歩きながら、何かを食べている姿を捉えていた。

 ただ捜索した22日時点で逃走から10日が経過。それでもガレージを確認せざるを得なかったのは、樋田容疑者の動きが見えないことの裏返しだ。捜査関係者は「土地勘があるとはいえ、まだ周辺にとどまっているかどうかも正直分からない」とこぼした。

樋田淳也容疑者(大阪府警提供)
樋田淳也容疑者(大阪府警提供)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ