PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】大阪桐蔭、金字塔の裏に「データ班」…見事に的中した分析

Messenger
ベンチから戦況を見守る大阪桐蔭の記録員、小谷優宇さん
ベンチから戦況を見守る大阪桐蔭の記録員、小谷優宇さん

 金足農のエース・吉田輝星を完璧に攻略し、金字塔を打ち立てた大阪桐蔭。快挙を支えたのは、記録員らでつくる「データ班」の存在だった。

 決勝の直前、深夜2時ごろまで金足農のビデオを見返し、バッテリーの配球傾向を確認していたのは記録員の小谷優宇(ゆう)。「吉田はボールが先行すると、ストライクを取りに甘めのストレートを投げる」。小谷の分析は的中し、チームの大勝につながった。

▼史上初、2度目の春夏連覇に挑む…データで分析する大阪桐蔭の“甲子園力”

 相手校の視察やビデオ撮影でデータを収集、B4用紙に打者の苦手コースや投手の配球をまとめてきた。見やすさを重視し、図を作成することも。完成した資料はコーチに確認してもらった後、ミーティングで選手らに配布される。西谷浩一監督は「今年は特にデータ班の力が大きかった。絶対的な信頼がおける」と絶賛した。

優勝が決まり、マウンドに駆け寄る大阪桐蔭の選手ら=甲子園球場(水島啓輔撮影)
優勝が決まり、マウンドに駆け寄る大阪桐蔭の選手ら=甲子園球場(水島啓輔撮影)

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ